case.01 脳卒中(のうそっちゅう)(脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血)

脳卒中について

脳卒中とは脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血の総称です。脳梗塞は脳の血管が詰まる疾患です。脳出血は脳の血管が破れる疾患です。クモ膜下出血は脳動脈瘤の破裂、動静脈奇形の破綻、外傷により生じる疾患です。
脳梗塞のうち脳血栓症は脳動脈の老化、すなわち動脈硬化が原因となり徐々に血管がつまる病気です。脳塞栓症は心臓の不整脈などが原因で頭蓋外から飛んできた血の塊が脳血管につまる病気です。脳出血を起こされる方の多くは高血圧症の既往を有します。
クモ膜下出血には予兆のないことが多いので、予防には脳ドックによる脳血管検査などがとても有効です。

脳卒中の予防的治療

脳梗塞予防のために、開頭術により頭皮の動脈と脳表の動脈をつなぐ、浅側頭動脈・中大脳動脈吻合術を行っています。年間の症例数は少ないですが、厳密な手術適応症例に絞って施行しているためであり、その術後成績は大変良好です。

近年、頸動脈狭窄・閉塞により脳梗塞になられる方が増えています。当院では脳神経外科学会のガイドラインに基づいて、可能であれば、血管内治療によるステント留置(CAS)よりも頸動脈血栓内膜剥離術(CEA)を優先しています。下垂体腫瘍に対する内視鏡手術と同様に、非侵襲的と感じられる血管内治療のほうが、より重大な手術合併症・後遺症を起こしうることもあるためです。当院の治療適応は大変厳密ですが、症例数は、岡山県内では多い方であり、また治療成績も良好です。年間10~20例の手術を行っています。

脳卒中の急性期治療

脳梗塞の超急性期に搬送された患者様に対して、血栓溶解療法(t-PA)の適応があれば、一年365日24時間実施可能です。

症例によっては、血管内治療による血栓回収療法も併用します。患者様の病状により、当院にて血管内治療を施行する場合と、提携病院に搬送して実施していただく場合があります。後者はdrip & ship方式と呼ばれ、薬剤t-PAの投与を行いつつ救急車で転院し、転院先の病院では直ちに血管内治療室に搬入されてカテーテル治療が行われるものです。当院医師が同行し、カテーテル治療に参加することもあります。

脳出血については、緊急的に救命が必要な場合、全身麻酔による開頭血腫除去出を行います。神経機能の回復を期待して行う手術は発症後数日以内に内視鏡を用いた血腫除去術あるいは定位脳手術による血腫吸引療法を行っています。

症例紹介

  • case01 脳卒中
  • case02 脳動脈瘤
  • case03 慢性硬膜下血腫
  • case04 正常圧水頭症
  • case05 片側顔面痙攣・三叉神経痛
  • case06 脳腫瘍
  • case07 脳動静脈奇形・硬膜動静脈奇形・内頚動脈海綿静脈洞瘻
  • case08 その他の症例